1. ブラックな医師の募集案件で失敗する人の傾向

ブラックな医師の募集案件で失敗する人の傾向

  転職成功率が非常に低い情報収集を怠る医師



一般企業と同様に、病院や診療所にも“ブラック”と呼ばれるような施設は存在しています。
勤務時間が異様に長く、人手不足が原因かもしれませんが、休日もろくにないままに、医師をロボットか何かだと勘違いしているかのような扱いしかできない医療施設も少なくありません。
そんなブラック病院の案件に応募してしまえば、すなわち転職の失敗に直結することになるでしょう。

このような転職の失敗を経験してしまう人には、ある傾向があります。
最たるものは、情報収集が上手ではなく、あるいは、それを敬遠する性格の持ち主であること。

同じ医師募集の求人票を目にしたとしても、転職に成功する医師は、その病院やクリニックの情報収集を徹底的に行います。
ブラックだと判断できれば応募は控えるでしょう。
逆に、転職に失敗してしまう医師は、その求人票に記載された目先の情報に心を奪われ、それ以上の情報をあまり集めようとはしません。
ブラックな施設では魅力的な求人を出す傾向がありますから、それに見事に釣られてしまうわけです。

情報の集め方や集めた情報の量と質が、転職の成功と失敗を分ける要素となることは覚えておく必要があるでしょう。

  自分自身を冷静に客観的に見る余裕を持つこと



応募前に、ある程度の下調べを行うようにしてください。
面倒な作業にはなりますが、これは必ず自身を転職の失敗から守ってくれます。
納得のいく、もしくは満足のいく転職を行えている人は、この下調べをはじめ、とにかく情報を集めているものです。

情報を集めるためには、自分自身を冷静に、そして客観的に見る余裕も求められます。
余裕がない人ほど目先の情報にとらわれやすく、そして、言い方は悪いですが騙されやすいのです。

これも、ブラックな医師求人に応募してしまう人の傾向の一つ。
医師の転職市場や数多く出回っている求人に目を向ける意識も大切ですが、外だけではなく内にも目を向けることで、転職への焦りの気持ちを抑制でき、正しい判断力ができるようになると考えます。

いくら魅力的な求人であったとしても、それに安直に飛びつかないこと。
これは転職の基本ですが、それができるかどうかは、やはり冷静でいられるかどうかでしょう。
特にネガティブな理由で転職を考える人は、この冷静さを保てない傾向が強いため安直に応募先を選びがち。
転職理由にポジティブさを見出すためにも、自分自身と向き合うことが必須です。

こうした意識を持っていれば正しい情報収集、そして正しい判断ができ、ブラックな医師募集案件に飛びつくような失敗を回避することができるはずです。

記事一覧

医師が良質な医師募集案件に出会うには

  気持ちの整理と案件同士の比較の重要性



医師転職で最も大事なことは何でしょうか。
人によって若干意見は分かれるかもしれませんが、共通しているのは「成功すること」でしょう。
転職に成功するためには、良質な医師募集案件と出会う必要があります。
これが全てと言ってもいいかもしれません。
もちろんその後に応募書類や面接などの対策も行い上手にこなさなければ採用には至らないわけですが、その前の段階がいかに重要であるかは、転職したことがある人なら口を揃えて証言するはずです。

医師が良質な求人と出会うためには、気持ちの整理が欠かせません。
焦らないようにしましょう。
焦りは視野を狭めます。
視野を狭めると、そこに飛び込んでくるのは、決まってブラック病院と呼ばれるような施設。
なぜなら、ブラック病院はそれを狙い、好条件・高待遇の求人を出してくるからです。

そして、医師募集案件同士の比較も重要です。
比較しなければ、それがブラック病院か否かの判断が難しくなります。
比較すれば、「ここは怪しい」と判断できる能力も身につきやすくなるでしょう。

安易に募集に飛びつかないようにするためには、自らストッパーをかけるしかありません。
気持ちの整理と求人同士の比較で、そのストッパーの力を強め、ブラックな案件へと飛びつくことを回避する必要があります。

  情報源を複数確保しておくこと



気持ちの整理をし病院同士を冷静に比較するためには、それに必要な多くの情報を持っていることも重要になってきます。
リサーチ力がなければブラックな案件に騙されてしまう可能性が高まり、気が付けば転職の失敗という深い穴にハマってしまっているかもしれません。

年収額や勤務時間などの労働条件をしっかり把握することが正しい比較や判断にも繋がるのですが、これには情報源を複数確保しておくことが求められます。
転職サイトで求人を見つけたとき、それを鵜呑みにしてしまう傾向のある人は注意してください。
その病院のサイトを確認することはもちろん、他の転職サイトでも求人が出ていないかを確認し、出ているとしたら内容に違いはないかを必ずチェックすること。
また、転職エージェントを利用しながら、気になった医療施設についてはキャリアコンサルタントに相談してみるのもいいでしょう。

こうして複数の情報源から情報を得ておくことで、よりその案件の中身や病院の姿が見えるようになってきます。
これはリサーチ力の高まりにも直結しますから、おかしな案件や病院へ応募してしまうことを回避でき、且つ、優良な案件に出会うためにも必ず役に立つはずです。

ブラックな医師の募集案件で失敗する人の傾向

  転職成功率が非常に低い情報収集を怠る医師



一般企業と同様に、病院や診療所にも“ブラック”と呼ばれるような施設は存在しています。
勤務時間が異様に長く、人手不足が原因かもしれませんが、休日もろくにないままに、医師をロボットか何かだと勘違いしているかのような扱いしかできない医療施設も少なくありません。
そんな
ブラック病院の案件に応募してしまえば、すなわち転職の失敗に直結することになるでしょう。

このような転職の失敗を経験してしまう人には、ある傾向があります。
最たるものは、情報収集が上手ではなく、あるいは、それを敬遠する性格の持ち主であること。

同じ医師募集の求人票を目にしたとしても、転職に成功する医師は、その病院やクリニックの情報収集を徹底的に行います。
ブラックだと判断できれば応募は控えるでしょう。
逆に、転職に失敗してしまう医師は、その求人票に記載された目先の情報に心を奪われ、それ以上の情報をあまり集めようとはしません。
ブラックな施設では魅力的な求人を出す傾向がありますから、それに見事に釣られてしまうわけです。

情報の集め方や集めた情報の量と質が、転職の成功と失敗を分ける要素となることは覚えておく必要があるでしょう。

  自分自身を冷静に客観的に見る余裕を持つこと



応募前に、ある程度の下調べを行うようにしてください。
面倒な作業にはなりますが、これは必ず自身を転職の失敗から守ってくれます。
納得のいく、もしくは満足のいく転職を行えている人は、この下調べをはじめ、とにかく情報を集めているものです。

情報を集めるためには、自分自身を冷静に、そして客観的に見る余裕も求められます。
余裕がない人ほど目先の情報にとらわれやすく、そして、言い方は悪いですが騙されやすいのです。

これも、ブラックな医師求人に応募してしまう人の傾向の一つ。
医師の転職市場や数多く出回っている求人に目を向ける意識も大切ですが、外だけではなく内にも目を向けることで、転職への焦りの気持ちを抑制でき、正しい判断力ができるようになると考えます。

いくら魅力的な求人であったとしても、それに安直に飛びつかないこと。
これは転職の基本ですが、それができるかどうかは、やはり冷静でいられるかどうかでしょう。
特にネガティブな理由で転職を考える人は、この冷静さを保てない傾向が強いため安直に応募先を選びがち。
転職理由にポジティブさを見出すためにも、自分自身と向き合うことが必須です。

こうした意識を持っていれば正しい情報収集、そして正しい判断ができ、ブラックな医師募集案件に飛びつくような失敗を回避することができるはずです。

労働条件や休日などの表記があいまいな医師募集案件
転職に失敗した医師の体験談④

  希望や要望に合致していると思い込み応募



私が応募した病院は、労働条件や勤務時間及び休日などが、私の希望に沿ったところだと感じていました。
だから応募したのですが、これは結果的に失敗だったと言わざるを得ないでしょう。
今考えれば、その病院が出していた求人票の内容は、非常に曖昧なものでした。
しかし、私にはとても魅力的な求人案件に映ったのです。

当直に関しては「有 or 無」と書かれており、私はこれを見て、「当直は無しでも勤務することができるのだ」と思ってしまいました。
実際にはそんなことはなく、勤め始めたら当直はほぼ義務のような形となっていました。
この表現は、本当に今考えればですが、全くのごまかしだったように感じています。
オンコールについても同様に表現が曖昧で、今なら気付けると思いますが、当時の私は自分の都合のいい方にしか解釈できなかったようです。

勤務日数も週に4日なのか5日なのか表現が曖昧で、結局は「相談可」としか書かれておらず、最終的には週5で働かされることになったわけですが、これも非常に間違ったイメージを抱かせる記載であったと感じているところです。

  私はなぜ転職に失敗してしまったのか



結果的に、私は転職に失敗してしまったわけですが、その原因はもちろん私にあります。
労働条件や勤務時間、そして休日などが求人票に書かれていたわけですが、それらが曖昧であることに気付かずに応募してしまった、これが根本的な原因なのです。
なぜそうなったかと問われれば、それは私が当時非常に焦っていたことが要因でしょう。

「早く転職したい」、「早くこの場から去りたい」という気持ちばかりが大きくなり、冷静にチェックできていなかったのです。
前の職場から逃げたいという強い思いが先走り、曖昧な記載の詳しい内容や真偽を確認しないままに応募し、そして内定を受け、それを承諾してしまったことが、今回の失敗へとつながっています。

誤ったイメージを抱かせる求人票や空欄が多い点、表現が曖昧でごまかしているような記載が多々あったその病院の求人でしたが、どれも今見れば非常に不自然であり、流石に今は騙される気はしません。
それでも、転職に焦っているとその気持ちが冷静さを失わせ、安直な決断へと自分自身を向かわせてしまうのでしょう。

今、私は多くの医師の失敗体験談を読み、失敗事例からたくさんの事が学べるなと実感しています。
その中には私と同じような経験を語る医師もおり、早めにこうした話と出会っておけばよかったとも思っています。

顔みしり程度の知人の紹介による医師の募集案件
転職に失敗した医師の体験談③

  コネによって転職した医師の失敗体験談



私は勤務先の不平や不満をしばしば周囲の人に話していました。
サラリーマンでもしばしばあるでしょうが、私の場合も病院内での人間関係や患者に関することを酒の肴程度に話していたのです。
その程度のものだったのですが、そうした話を聞いたのか、顔見知り程度の知人が新しい職場を紹介しようかと私に持ちかけてきました。

そろそろ転職も視野に入れようか真剣に考えていたところであり、そこに知り合いが話を持ってきてくれたため、私はそれに乗ることにしました。
もちろん、転職活動で苦労したくないという思いもあったでしょう。
コネであれば楽に転職できると思っていましたから。

聞いたこともないような医療施設を紹介されたのであれば私も話半分に聞いていたのでしょうが、その病院は、紹介してくれた知人の医師が勤めている先であり、ちょうど新しい医師を探していたということで、私も興味を抱いたのです。

特別な信頼関係があったわけではありませんでしたが、知らない人ではありませんでしたし、これも何かの縁ということもあって、私はその知人から病院の状況や与えられる給与、その他待遇や勤務時間・曜日などの情報をざっくりと聞き、「それなら問題ないだろう」と判断するに至りました。

しかし、この安直な決断が、私のキャリアに傷をつけることになります。
転職してみると事前の話と違うところが多々あり、まさに転職の失敗を経験することになったのです。

  辞めようにも辞められないという問題も



転職直後に感じたのは、事前の話と違う環境の悪さです。
非常に働きやすい環境で、診療科同士の連携も取れており、医療環境も充実しているという話でしたが、その話には到底及ばない環境でした。

待遇に関しても同様です。
転職前に聞いていたような待遇ではなく、様々な手当を含めれば前の病院の方が待遇が良かったかもしれません。
当直なしでも構わないという話であったにもかかわらず、実際には当直を任され、勤務時間も大幅に超過するのが当たり前。

私は、こうした環境はもちろん、事前の話と違う点が多々あるところに我慢できなくなりましたが、その病院を紹介してもらった知人が上司となっていることもあり、辞めるに辞められない状況に。
条件を詳細まで聞かなかった私にも非があると自覚しているものの、今回の転職失敗は自分のキャリアにとって汚点と言わざるを得ません。

信頼関係が希薄な知人の紹介で安易に転職してしまったとはいえ、まさかこれが仇になるとは思ってもいませんでした。
しかし、後悔先に立たず。
次回は条件等をしっかりと確認してからでなければ転職してはならないという教訓になりました。

常に募集をかけている病院の医師募集案件
転職に失敗した医師の体験談②

  早々に転職したいという思いが裏目に出た転職



以前勤めていた病院での過酷な労働体制、そして人間関係などに嫌気がさして、私は転職しようと決めました。
ただ、転職に失敗したくないという思いから、早々に転職はしたいけれども、しかし、慎重に決めなければならないという思いは自分なりに抱いていたつもりです。

長時間労働と最悪な人間関係の中で、それでもなんとか粘りながら働き、それと同時進行で医師募集案件を探していたのですが、なかなか転職先が決められませんでした。
良さそうな案件があれば応募もしていたのですが、しかし経験がまだ浅かったためか書類審査で不採用が言い渡されることも少なくなく、転職先が決められない状況が続いていたんです。

次第に、「早く決めなければ」という思うが強くなった私は、求人を探している時にいつも目にする病院へと意識が向きました。
「常に募集をかけているその病院であれば、私のような若い医師でも採用してくれるのではないか」という思いからです。

私はその病院へと応募したところ、即採用が決定。
私の読みは正しく、その時は、「もっと早くここに応募しておけばよかった」と思いました。

しかし、それが裏目に出てしまったのです。
転職後、私は以前勤めていた病院よりも辛い思いをすることになりました。

  常に募集をかけている理由を転職後に把握



私が転職した先は、とても問題がある病院でした。
何よりも上限関係が厳しく、さほど大きな病院ではないにもかかわらず派閥が存在し、医師同士も同じ診療科であるかどうかに関係なく隔たりが大きく、とにかく問題がある医師が多かったのです。
しかし、そうした医師たちがその院内では絶大な権力を握っていたため、それに逆らえない若い医師や看護師たちはすぐに辞めてしまうという状況が続いていたようです。

私は、もちろん転職後にその状況を知りました。
すぐに辞めてしまう医師が多いので、だから人材が集まらないのだと。
それが、常に医師募集をかけている理由なのだと、やっと私は把握したのです。

よくよく考えれば、転職してしまう前にわかったことかもしれません。
しかし、私は転職を急いでしまったために失敗してしまいました。

医師の募集情報を探していた時に失敗を恐れず、慎重に求人を選別し続けるべきでした。
なかなか採用が決まらず途中で焦ってしまった、これが私の転職失敗の原因です。

成功体験談ばかりで、医師の失敗体験談にはあまり目を向けてこなかった私にも原因があります。
もっと注意深くなっていればと後悔してもしょうがありませんが、この失敗を今後に生かせればと思っています。

条件や待遇が妙に良すぎる医師の募集案件
転職に失敗した医師の体験談①

  私がハマってしまった優遇・厚遇求人の罠



内科医として勤務していた医局を退き、もう少し待遇のいい病院へと転職しようと考えていた私は、
医師専用の転職サイトを利用し医師募集の案件を探し始めました。
都市部とは言えない郊外に住んでいたので求人そのものがあるか心配だったのですが、探してみると意外とあるもので、選択肢も多く、求人そのものと出会うのには苦労しませんでした。

その中で見付けたのが、その後転職することになるある医療施設。
中規模の病院ではあったのですが、その他の案件と比べても給料が高額で、設備もある程度整っており、福利厚生も充実していると謳ったものでした。
私にとっては夢のような環境に思え、また、他の病院や診療所の求人が少々物足りなく思えてしまったため、迷うことなくその案件に応募。

書類審査や面接もスムーズに進み、あっという間に採用されることが決定。
すぐに医局を退職し、新たな職場へと転職しました。

ところが、私を待っていたのは決してバラ色とは言えない環境でした。
まず、給料が高額である点についてですが、確かに転職前と比較すると収入はアップしたものの、求人に記載されているほどではなく、その額に至るまでにはさらなる経験が必要であったこと。
面接等で詳細を確認しなかった私のミスではありますが、求人だけにとらわれ失敗してしまったと反省しています。

  それほど甘くうまい話はないと実感



夢のような環境だと思った転職先は、給料以外についても、それとは程遠いものでした。
毎日のように感じたのが、相応の労働力が求められることです。

医局を辞めようと思った理由の一つに労働環境がありました。
当然当直やオンコールもあり、一体どのくらい働いているのかわからなくなるような時期も多々あったのですが、そこから逃れたいと感じ転職を決意したわけです。

しかし、そこにあまり目を向けず、給与の額や医療設備、福利厚生といった部分を中心に応募を決めてしまったため、新たな職場の労働環境についていけず、すぐに後悔することになってしまいました。

当直も多く、また、オンコールの頻度も多かった転職先。
本来であれば看護師にやってもらいたい業務も医師である私が一部担わなければならないなど、相応の労働力が求められるからこそ、これだけの優遇・厚遇案件だったのだなと実感したのです。

これは私という医師の失敗体験談に過ぎませんが、きっと同じように、目先の利益に目が眩んで失敗してしまった医師は多いはず。
これから転職を試みる医師には、どうか冷静になってもらいたいと願っています。